スポンサーリンク

スポンサーリンク

体のトラブル

多くの人が悩んでいる『肩こり』

投稿日:

多くの人が悩む『肩こり』。
私も肩こりには非常に悩んでいます。

肩の痛みや肩こりがひどいと気分が悪くなることもあります。

今回は多くの人が悩んでいる『肩こり』について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

肩の痛み・肩こりの原因

肩の痛みや肩こりの原因はいろいろあります。

一般的によく知られている原因は筋肉の血行不良です。
肩の血流が滞り、そこに疲労物質が溜まることにより肩の痛みや肩こりを引き起こします。

きらり
どうして筋肉の血行不良が起こるの!?
結耶
その原因もいろいろあると思うんだよねー。

 

姿勢などの生活習慣

座った時の姿勢が猫背になっていたり、スマホやタブレット操作て長時間悪い姿勢でいると肩こりを引き起こす原因となります。

またカバンを左右どちらか一方にかけていたり、ストレスや不規則な生活などの生活習慣が影響することがあります。

冷え(寒さ)

寒くなったり、夏場のエアコンで肩を冷やしてしまうと筋肉が収縮して血行不良を引き起こすこともあります。

病気など

肺や肝臓などに病気があったり、貧血や低血圧、歯のかみ合わせが悪いなどの病気により肩の痛みや肩こりが引き起こる場合もあります。

 

 

予防

肩の痛みや肩こりを予防するには…

予防するには?
  • 長時間同じ姿勢でいない
  • 肩や背中の筋肉を鍛える
  • 一方の方にカバンをかけない
  • 冷やさないようにする

 
肩の痛みや肩こりを引き起こす原因は生活習慣が影響します。
なので生活習慣の中で肩の痛みや肩こりの原因になることに気をつける必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

対処法


 
肩の痛みや肩こりを放っておくと慢性化してしまいます。
慢性化しないためにも、痛くなった場合は早めに対処が重要です。

対処・解消方法はたくさんあります。
たくさんある中のほんの少しですが紹介したいと思います。

 

ストレッチ

肩の痛み、肩こりを緩和させるストレッチはいろいろあります。
ストレッチは無理せずゆっくりおこなってください。

首のストレッチ

首のストレッチは肩こりを緩和させることができます。
首を上下左右するだけでも違いますので、長時間下を向いていた時などに行ってください。

首のストレッチ

1 肩の力を抜き、右手を頭の左側に乗せる
2 頭をゆっくり右に倒します。
3 反対も同じようにおこなってください

 

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨のストレッチをすると肩の痛みやこりを緩和、解消できます。

肩甲骨のストレッチ

1 肩の力を抜き、右手を右肩に乗せる
2 手が肩から離れないように意識しながら、ひじを大きな円をかくようにまわす
3 数十回まわしたら、反対も同じようにおこなってください

 

温める

肩を温めることにより、血行をよくし、肩の痛みを緩和させることができます。

使い捨てカイロを5分~15分程度あてるだけでも効果はあります。

『貼るタイプのカイロ』を使う場合は、直接肌にカイロを貼るのは避けてください。肌着の上やハンカチに包んでお使いください。

きらり
結耶は最近よく肩のストレッチしてるよね。
結耶
涼しくなってきたのと、仕事でね( ̄▽ ̄;)
すごい肩こってる。

 

 

最後に

肩の痛みやこりを放っておくと慢性化するおそれがあります。慢性化させないためにも早めの対処が必要です。

針やお灸、マッサージなども痛みやコリの緩和、解消になります。
マッサージやストレッチをおこなう場合は無理せずにおこなってください。

また、病気などによる肩の痛みやこりが出ることがあります。
腕や手のしびれが長期間続く場合は病院で相談してください。

 

スポンサーリンク

 

フォロー
ブログランキング
  ブログランキング・にほんブログ村へ   
お問い合わせはこちら⇒ お問い合わせ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-体のトラブル

Scroll Up

Copyright© 多発性硬化症患者の小さな願い , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.