スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他 健康

バナナのいろいろな効果

投稿日:

 
昨年末母が入院しました。
病気は『胆石』だったのですが、この時医者に「朝、バナナを食べるといい」と言われ以来母はずっと朝食にバナナを食べています。

バナナは栄養が豊富なのは有名な話です。値段もお手頃で一年を通してスーパーなどで買える非常に身近な果物です。
たびたびテレビなどで紹介されています。
でも栄養が豊富なのは知っていますが、具体的にどんな効果があるのかよく知りません。
なのでちょっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

 
 

バナナの効果

便秘解消(整腸作用)

バナナには食物繊維が多く含まれています。食物繊維には町内環境を整える働きがあります。

食物繊維は「水溶性」と「不溶性」の二種類あり、それぞれ違う働きをしています。
この違う働きをする二種類の食物繊維により整腸作用が高めることができます。

また、バナナには『レジスタントスターチ』という、消化されにくく、食物繊維と似た効果がある成分も含まれています。このレジスタントスターチと食物繊維の効果でより便秘解消の効果が得られます。

 

ダイエット効果

バナナには週種類の糖が含まれています。その数種類の糖はそれぞれ体内に吸収される時間が違い、体内に吸収されるまで時間がかかります。そのため血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪がたまりにくくなります。

 

代謝アップ

バナナには糖質や脂肪の代謝アップを高めるビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は糖質や脂肪を効果的に燃焼させてエネルギーに変えてくれる効果があります。
そのため運動前に食べると効果てこです。

 

むくみ予防

バナナに含まれるカリウムは、体内の余分な水分を外に排出してくれる効果があり、むくみの予防になります。

 

生活習慣病予防

バナナにはポリフェノールが含まれており、生活習慣病の予防になると言われています。

花粉症の症状改善!?

バナナには、スギ花粉による花粉症の症状を緩和する効果があるといわれています。

東京理科大学のマウス実験で、スギ花粉による花粉症を発症したマウスに毎日バナナを食べさせたところ花粉症の症状が緩和されたとの実験結果がでており、花粉症の症状緩和に期待されています。

きらり
バナナってすごいね~!
結耶
でしょ~!今まで特に考えて食べてなかったけどね。
整腸作用や代謝アップ効果とかありから美容にもいいんだよ~♪

 

スポンサーリンク

 
 

バナナの食べ方


多くの人がバナナを皮を剥いて食べていると思います。
バナナはそのまま食べても美味しいですが、焼くことにより効果が高まるようです。

また、バナナの皮にも栄養が豊富に含まれています。最近皮まで食べられるバナナもありますが、私たちがよく目にするバナナを皮ごと食べるには勇気がいります(^^;)

バナナを皮ごと焼く『焼きバナナ』や皮ごとスムージーにするなどしているようです。

   参考  バナナを使った料理《クックパッド》

きらり
結耶なに食べてるの!?
結耶
チョコバナナ♪大好きなんだよね~(笑)

 
 

最後に

バナナにはさまざまな効果があります。
ですが中にはバナナアレルギーの方もいると思います。食べて口の中がかゆいなど変だなと思ったら食べないでくださいね。

 

スポンサーリンク

 

ブログランキング
  ブログランキング・にほんブログ村へ   
お問い合わせはこちら⇒ お問い合わせ

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-その他, 健康

Scroll Up

Copyright© 多発性硬化症患者の小さな願い , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.